予定が合えば 脈なし 脈あり

予定が合えば脈あり?脈なし?

スポンサーリンク

 予定が合えば脈あり?脈なし?

 

「今、片思い中の女性がいて、色々とデートのチャンスを狙っているけれど、いつも予定が合わない。その日は別の予定があると言われてばっかり・・・」などと、がっくりと肩を落とす男性はいるのではないでしょうか。

 

せっかく気になる女性をデートに誘ったのに、いつも予定が合わないと断られているのはがっかりしますよね。残念なことですが、この場合は恋愛に発展する脈あり、脈なしのどちらかといえば、「なし」だと思われます。

 

そして、この女性はいわゆる「ごめん避け」をしている可能性が高いでしょう。

スポンサーリンク

「ごめん避け」とは、本当のところあなたに恋愛的な気持ちがなくて断りたいけれど、はっきりとした態度に表さずにやんわりと断る、という避け方を意味します。直接断ったら相手を傷つけることとなってしまうので、敢えて尖らない表現であなたにその気がないことを伝えようとしているのです。

 

こうしたごめん避けをする女性は、人間関係において丁寧で礼儀正しい、という特徴があります。恋愛において断られる場合、女性よりも男性へのショックのほうが大きいもの。ごめん避けをする女性はそれをよく理解しているので、ここで男性を傷つけかねない表現を選ばないのです。避けるときもきちんとオブラートに包み、失礼にならないようにしています。

 

ですから、デートに誘って毎回断られる場合は、ごめん避けされている可能性が高いでしょう。デートに行く気がない、と言ったら失礼になるため、予定が合わないということでやんわりと断っているのです。それでも相手の真意がわかりづらければ、「それならいつが空いていますか?」と聞いてみましょう。空いている日を教えてくれるならまだ大丈夫ですが、「ちょっとわからない」「いつも予定が詰まっている」などと返される場合は、恋愛の脈はないかもしれません。そうだとしたら、相手に普段をかけないためにもこれ以上追い求めない方がいいのかもしれません。しつこすぎるアプローチは確実に相手を不快にしますからね。逆に予定が合えば大丈夫ですよ。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

関連ページ

予定が合えば…は脈あり?脈なし?
恋愛における脈ありのあれこれです。